メインイメージ画像

売り時の歳でソープで働く

店売りとコンビニ売りのエロ本がまだ頑張っていた98?02年の時代と比べて、お店の写真やインターネットサイトなど新たな媒体が生まれたことを加味しても現在のソープ店の絶対総数や求人数は3分の1程度になっている。大阪のソープ嬢のスペックは性的好奇心が旺盛な肉食女性が増えたこと、本番の減少が高くなって超買い手市場となり、より高クオリティな女性を厳選していることがうかがえる。過去に大勢存在した不健康な女性や、ソープ店を転々としているような玄人女件が減ったのは、まったく指名がないので表にはでてこないからいえる。お金の流れに敏感なスカウトマンはお金にならない女性を紹介しない。

かつてだったら斡旋されただろぅ女性たちは性風俗へと流れているはずである。病んでいる女性は、どこに行ってしまったのか?かつて女はリストカットや心療内科通院歴のある女性が多く、私は日常的に心に傷を負った女性たちが様々な風俗業界をたくさんみてきた。ある女性を取材していた。

何度も抜け道のない心の間を聞いてしまって頭を抱ぇた経験があるが、そういう女性は現在のソープ嬢の中ではマイノリティになってしまった。特にソープ対ヘルスのクオリティーに関する競争が一段落した06年以降はまさに激減といった状態で、競争に勝って活躍しているソープ嬢の中では稀にしか姿を見なくなってしまった。